連載

黄金世代を追え

朝青龍のおい・豊昇龍と琴手計改め琴勝峰が十両に昇進した。大鵬の孫の納谷と同学年の塚原も幕下上位で関取を目指す。逸材がそろう1999年度生まれの力士の出世争いを追う。

連載一覧

黄金世代を追え

納谷は力強く突き出し白星スタート 琴勝峰粘り勝ち 豊昇龍敗れる

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
千代の国(手前右)を破って白星発進の納谷(左)=東京・両国国技館で2020年1月12日、村社拓信撮影
千代の国(手前右)を破って白星発進の納谷(左)=東京・両国国技館で2020年1月12日、村社拓信撮影

 2020年が幕を開け、大相撲も「黄金世代」と呼ぶべき若手たちの出世争いが熱を帯びている。初場所では、元横綱・朝青龍のおい、豊昇龍(20)=立浪部屋=と、埼玉栄高出身の琴勝峰(20)=佐渡ケ嶽部屋=が十両2場所目を迎え、幕下上位では琴勝峰と埼玉栄高のチームメートだった納谷(19)=大嶽部屋=や塚原(20)=春日野部屋=が2人を追う。1999年度生まれの若者たちを中心に、東京五輪・パラリンピックに負けじと熱を帯びる土俵上の戦いを追う。

この記事は有料記事です。

残り686文字(全文904文字)

あわせて読みたい

注目の特集