メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新関脇・朝乃山、難敵・御嶽海の一瞬のスキ突く「うまく反応」 大相撲初場所初日

御嶽海(右)を寄り切りで降した朝乃山=東京・両国国技館で2020年1月12日、佐々木順一撮影

 新関脇の朝乃山が、攻め続けて難敵を退けた。過去1勝3敗と合口の悪い御嶽海に、立ち合いから押し込まれた。だが、相手が引いたところで「うまく反応できたので足がついていった」。勝機を逃さず土俵際まで押し返し、左上手を取って寄り切った。

 2019年は夏場所で平幕優勝し、年間最多勝にも輝いた。だが、幕内15場所目の新鋭には、まだまだ克服すべき課題も多い。場所前の田子ノ浦部屋での出稽古(でげい…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文484文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  2. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  3. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  4. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 マイナンバーと口座ひも付け 見え透いた国民監視の魂胆

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです