メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オーストリア勢 女子ジャンプ界の勢力図を塗り替える勢い

表彰式で笑顔を見せる優勝したオーストリアのエバ・ピンケルニヒ(中央)=大倉山ジャンプ競技場で2020年1月12日、竹内幹撮影

[PR]

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子は12日、札幌市の大倉山ジャンプ競技場で個人第5戦(ヒルサイズ=HS137メートル)があり、エバ・ピンケルニヒ(オーストリア)が135・5メートル、130メートルの計250・8点をマークし、W杯初勝利を果たした。2位はマーレン・ルンビ(ノルウェー)、3位にはダニエラ・イラシュコ(オーストリア)が入った。

 向かい風が吹き付ける中、2回目に130メートルを飛び、勝利を確信したオーストリアの31歳、ピンケルニヒは着地から間もなくガッツポーズを見せ、W杯初制覇の余韻に浸った。駆け寄ってくる仲間たちと抱き合い、「信じられない。良い感覚で試合を進められた」と、笑顔があふれた。

2回目の飛躍を終えた5位の高梨=大倉山ジャンプ競技場で2020年1月12日、竹内幹撮影

 オーストリア勢の躍進が止まらない。前夜の第4戦では18歳のマリタ・クラマーが初勝利し、ピンケルニヒは3位。この日はピンケルニヒが頂点に立ち、前日5位だったイラシュコが3位に浮上した。12月中旬にドイツであった個人第3戦を制したキアラ・ヘルツルもオーストリアの選手。異なる顔ぶれが表彰台に上がる姿が、層の厚さを物語る。

 ピンケルニヒは、好調の要因を「みんなが他の選手が勝つことを素直に喜べる。チームスピリットが大きい」と説明する。1週間後のW杯蔵王大会では団体戦も実施予定。イラシュコは「優勝候補として臨む中でどんなジャンプをできるか」と気合を入れる。勢いづくオーストリア勢が、女子ジャンプ界の勢力図を塗り替えようとしている。【角田直哉】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深海ザメ「ラブカ」捕獲後に死す 生態不明、標本にして研究へ 和歌山・串本 

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  4. レオパレス、全取締役解任要求に反対 大株主は事業売却迫る

  5. 伊方原発、運転差し止め 広島高裁仮処分 地裁支部決定を取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです