メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オーストリア勢 女子ジャンプ界の勢力図を塗り替える勢い

表彰式で笑顔を見せる優勝したオーストリアのエバ・ピンケルニヒ(中央)=大倉山ジャンプ競技場で2020年1月12日、竹内幹撮影

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子は12日、札幌市の大倉山ジャンプ競技場で個人第5戦(ヒルサイズ=HS137メートル)があり、エバ・ピンケルニヒ(オーストリア)が135・5メートル、130メートルの計250・8点をマークし、W杯初勝利を果たした。2位はマーレン・ルンビ(ノルウェー)、3位にはダニエラ・イラシュコ(オーストリア)が入った。

 向かい風が吹き付ける中、2回目に130メートルを飛び、勝利を確信したオーストリアの31歳、ピンケルニヒは着地から間もなくガッツポーズを見せ、W杯初制覇の余韻に浸った。駆け寄ってくる仲間たちと抱き合い、「信じられない。良い感覚で試合を進められた」と、笑顔があふれた。

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文632文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「私が背中向けた段階で言わないで」安倍前首相、「桜」質問にいら立ち

  2. 秋田で投函されたLGBT差別あおるビラ 誇張し偏見 問題の背景は?

  3. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  4. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  5. ファクトチェック 「CNNがトランプが勝ってしまうと放送」 日本語版ツイッターで拡散されている情報は「不正確」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです