メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと@あいち

知多の農産物卸売り「Gu・RADO」代表・伊藤友加子さん(43) 女性障害者の力を農に /愛知

伊藤友加子さん

 知多半島の野菜や県内の花々を生産者から直接仕入れ、小売店や卸会社に販売する問屋として5年前に独立。「作り手の思いも届けたい」と、生産者に寄り添いながら、販路を広げてきた。作業の一部を障害者施設に外注してきたが、着目したのが丁寧な仕事ぶりと農に対する関心の高さだ。人手不足に悩む生産者とマッチングできないか――。起業6年目を迎える2020年、その可能性を形にすべく、女性障害者の力を農業に生かす農福連携事業に乗り出す。

 現在、問屋として扱っている農産物は食用四つ葉のクローバーやスティックブロッコリーなど。名古屋や東京の取引先が欲しがる品を探すだけでなく、シェフの要望を生産者に伝え、栽培を提案することもある。花は鉢物が中心。生花店で10年間働いた経験を生かし、オリジナルのアレンジを加えて卸したり、卸業者から切り花のアレンジを請け負ったりしている。

この記事は有料記事です。

残り778文字(全文1153文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  4. 乗客らバスでターミナル駅へ 陰性の高齢者ら500人、クルーズ船下船 新型肺炎

  5. 「まさか栃木で」小6女児保護、大阪の住民ら驚き「よく頑張った」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです