メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1年の安全誓う 府北部各地で出初め式 舞鶴/京丹後/与謝野 /京都

大勢の市民が見守る中、一斉放水が披露された=舞鶴市の五条海岸で、行方一男撮影

 府北部の各自治体で12日、消防出初め式があり、参加した消防団員らは今年1年間の防火・防災の誓いを新たにした。

 舞鶴市は市総合文化会館(同市浜)で式典を開催。式辞で多々見良三市長は「災害から生命、財産を守ることは市民生活の根幹であり、市政における最大の責務である。舞鶴消防の良き伝統を継承し、今後も市民の信頼と期待に応えられるよう一層の精進をお願いします」と述べた。続いて西消防団(川端省吾団長)に京都府消防協会長表彰(功績章)が贈られるなど優良な消防団員への感謝状贈呈があった。

 式典後は海上自衛隊舞鶴音楽隊の演奏に合わせ、各消防団が東地区の市街地を分列行進した。五条海岸では市民約1200人が見守る中、消防車両24台と舞鶴海上保安部の巡視艇「ゆらかぜ」による一斉放水が披露され、海自第23航空隊のヘリコプターが上空を祝賀飛行した。【行方一男】

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文755文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  4. 乗用車がトレーラーに追突、男女3人死亡 苫小牧

  5. 重機転落死 穴の位置、図に記さず 横浜市、JVに提示

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです