メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツしようよ!

目指せWMG2021 番外編/上 大会組織委員会会長 井戸敏三知事 実感、参加する大切さ /兵庫

「ワールドマスターズゲームズ2021関西」の意義などを語る井戸敏三知事=県庁で、春増翔太撮影

 2021年5月14日に開幕する生涯スポーツの祭典「ワールドマスターズゲームズ(WMG)2021関西」の魅力を伝えてきた新年連載「スポーツしようよ!」。番外編として、大会組織委員会会長を務める井戸敏三知事(74)に大会の意義や抱負などを聞いた。【構成・望月靖祥】

 ――関西広域連合長でもある井戸知事は、関西経済連合会の松本正義会長とともに、組織委会長の重責を担われています。

 ◆第10回記念となる関西大会には、国内から3万人、海外から2万人の計5万人以上の選手参加が見込まれる。国内のスポーツへの関心の高まる中、関西全体の盛り上がりを期待したい。高齢化社会が到来し、健康寿命の延伸に向けた取り組みが進む中、誰もが自己実現を目指しながら生涯にわたって取り組むことができる「生涯スポーツ」の役割は、いっそう大きくなっている。WMGは自らが「参加する」スポーツ大会。世界中の人たち…

この記事は有料記事です。

残り944文字(全文1331文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  3. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  4. 瀬戸康史さんと山本美月さん結婚発表 インスタで「お互いに大切な存在」

  5. 朝鮮人追悼式 小池都知事、今年も追悼文を出さない意向

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです