メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 石原プロ前社長

新たな門出に決意 16市町で成人式 旧友らと喜び合う 御坊、海南 /和歌山

式典で代表して感謝の言葉を述べる新成人=御坊市薗の市民文化会館で、山本芳博撮影

 成人の日(13日)を前に12日、県内自治体の半数超の16市町で成人式が開かれた。新たな門出を迎えた新成人は、決意を新たにした。

 御坊市の成人式は市民文化会館(薗)であり、男性127人、女性89人の計216人が参加した。髪を色とりどりに結い、きらびやかな振り袖を身にまとった女性や、はかま姿の男性らが、久々に会った旧友らと大人の仲間入りを喜び合った。

 式典では柏木征夫市長が「今年は東京五輪の年。前回の東京五輪の誘致に尽力した名誉市民第1号の和田勇氏のように、助け合いの精神と人との絆を大切にして、人生をステップアップさせてほしい」とあいさつ。続いて、新成人の代表が登壇し、地元の看護学校に通う中筋希璃亜さんは「生まれ育った御坊市で助産師になるため、日々努力していきたい」と決意を述べた。

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文705文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  2. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  3. 新型コロナ「後遺症」、世界で報告相次ぐ 感染者の1割で倦怠感など長期化

  4. 東京都、新たに389人の感染確認 5日ぶりに300人超 新型コロナ

  5. 混乱続く国民「分党劇」 背景に代表と幹事長の合流巡る対立 地方は恨み節

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです