メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

首相、サウジ国王と会談 仲介役、問われる真価 イランとの対話促す

首相の訪問先と海上自衛隊の活動範囲

 安倍晋三首相は12日、サウジアラビアの首都リヤドでサルマン国王と会談するなど中東3カ国歴訪を実質的にスタートさせた。米国とイランの対立激化で中東情勢が緊迫化する中、関係国に「自制と対話による平和的な問題解決」(首相)を呼びかける。サウジはイスラム教スンニ派の盟主で、シーア派の大国イランとの敵対関係は根深い。一方、日本は米国、イラン、サウジと意思疎通が可能だ。米イランの橋渡しを目指してきた日本の中東外交は正念場を迎えている。【リヤド成沢健一】

 8日にイランがイラク領内の米軍駐留基地を弾道ミサイルで攻撃した後、イラン政府の高官から日本政府の閣僚に電話があった。攻撃を、米軍によるイラン司令官殺害への報復だとしつつ、「報復措置はこれで終わりだ」とする趣旨だった。エスカレートを避けたいイラン側の「本音」が示され、日本政府はこの情報を米国に伝えたとみられる。

この記事は有料記事です。

残り1721文字(全文2100文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

  5. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです