メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

悼む

指揮者 マリス・ヤンソンスさん=2019年11月30日死去・76歳

=ロシア・サンクトペテルブルクで2007年10月、タス共同

人間的なぬくもり マリス・ヤンソンスさん=2019年11月30日死去・76歳

 おそらく指揮者の中で最も多く来日して、数え切れない名演を残した、私たちに馴染(なじ)みのマリス・ヤンソンスが、昨年11月にサンクトペテルブルクの自宅で76年の生涯に終止符を打った。

 1971年、28歳でカラヤン指揮コンクールで指揮者賞を受賞し、一躍脚光を浴びた。名指揮者アルヴィドを父に持つマリスは、70年代にムラヴィンスキー率いるレニングラードフィルハーモニー管弦楽団の副指揮者に就任してから目覚ましい成長をとげ、99年までこのオーケストラの常任客演指揮者としてロシア音楽に多くの名演を残した。

 しかし、私たちにとってのマリス・ヤンソンスは、2003年に就任したバイエルン放送交響楽団首席指揮者…

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文724文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 井筒屋入居のビルが破産 クロサキメイト4月末で閉店 北九州・JR黒崎駅前

  5. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです