メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミニ論点

台湾総統選 松田康博・東京大教授/近藤伸二・追手門学院大教授

松田康博・東京大教授

 11日投開票の台湾総統選は、民進党の蔡総統が過去最多得票で再選を果たした。その意味や今後の見通しを識者に聞いた。

習氏・国民党が敵失 松田康博・東京大教授(中台関係論)

 蔡氏が圧勝し、立法委員選でも民進党が過半数を取った。2019年11月の香港区議選とも重なるが、今回の台湾での選挙も投票率が70%を超えている。これだけ投票率が上がり、差が開いたということは若い世代が投票している。多くの人々が中国への危機感を持ったということだと思う。

 中国の習近平国家主席は、19年1月の台湾政策に関する強気の発言で、台湾の人々から不興を買った。6月以降に本格化した香港の問題は、台湾の人々に中国の「1国2制度」に対する警戒感をさらに強くさせた。

この記事は有料記事です。

残り1002文字(全文1318文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  5. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです