メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100年カンパニーの知恵

森永製菓/中 窮地にも「お客様第一」貫き

「グリコ・森永事件」を受け、社員総出で手売りした「千円パック」は飛ぶように売れた=森永製菓提供

 <since 1899>

 2016年に封切られ、大ヒットしたアニメ映画「この世界の片隅に」。戦前、戦後を懸命に生きる主人公のすずと、のちに夫となる周作を結びつけたのは、黄色い箱に入った「森永ミルクキャラメル」だった。

 森永製菓が創業時から製造してきたキャラメルを、ポケットサイズの紙箱に入れて売り出したのは1914年。缶に保存したキャラメルの粒をバラ売りする従来の販売方法と違い、高温と湿気からどう守るかが課題だった。

 「箱を二重構造にし数十箱単位で保存缶に入れるなど、消費者に不良品が渡らぬようにさまざまな工夫を凝ら…

この記事は有料記事です。

残り540文字(全文800文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 井筒屋入居のビルが破産 クロサキメイト4月末で閉店 北九州・JR黒崎駅前

  5. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです