メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらくα

高齢者の労働安全/上 活躍拡大、職場の配慮が要

作業しやすい位置に上下したり回転したりする作業台と足場。占部善行さん(手前)は「ラインの作業環境の改善で、年をとっても働きやすい」と話す=堺市のダイキン工業堺製作所金岡工場で

 <くらしナビ・ライフスタイル>

 働く高齢者の増加に伴い、労働災害による事故も増えている。休業4日以上の死傷者のうち60歳以上が占める割合は26・1%(2018年)。厚生労働省は雇用主に予防策を促すガイドラインを今年度中にまとめる予定だ。高齢者が安全に働くために必要な職場での配慮とは。

作業の負担軽減

 ウィーン、ウィーン。高さ2メートルほどの大きな業務用エアコンに、熱交換器や電子回路、コードを取り付けていく組み立て作業。重さ数百キロもある室外機を置いた作業台が、ボタン一つで技術者が作業しやすい高さに上下し、くるくると回る。

 「昔と比べて、脚立に上ったりしゃがんだり、重いものを持ったりする作業がなくなったから体が楽だね」

この記事は有料記事です。

残り2132文字(全文2444文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  2. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

  3. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  4. 中国新型肺炎 「ヒトからヒト」感染確認 「医療従事者14人への感染も」

  5. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです