メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外サッカーJ1は7月4日再開 J2、J3は6月27日 実行委が発表

 国は毎年秋に、前年度の人工妊娠中絶実施状況を発表しています。最新のものは「2018年度衛生行政報告例(母体保護関係)」です。

 年報告であった中絶統計が02年度分から年度統計に変更されたので単純には比較できませんが、18年度の届け出総数は16万1741件。僕の手元の資料によれば報告史上最低となっています。1955年には117万件を超えていましたので、まさに隔世の感があります。「記録」を更新している中絶統計ですが、ニュースになることはめったにないので、ここで紹介したいと思います。

 前年度(17年度)に比べ、ほとんどの年齢層で減少しているものの、20~24歳で1138件、45歳以上では27件増加しています。出生数と中絶数を足し合わせた数を妊娠総数として計算すると、20歳未満の中絶割合は60・8%、45歳以上は45・8%でした。若い世代に目が向きがちですが、産み終えた世代の避妊教育も軽んじることはできません。15歳から49歳の女子1000人に対しての人工妊娠中絶実施率は6・4…

この記事は有料記事です。

残り530文字(全文971文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「くまモンマスク」ほしいモン 知事会見で熱視線 製造企業続々、柄も豊富

  2. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  3. 匿名の刃~SNS暴力考 死者が出ないと動かないのか 厳罰化と加害者の情報開示を スマイリーキクチさん

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです