メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

日本の読解力急落 その課題/下 中高一貫校入試、思考力重視

 <kyoiku no mado>

 経済協力開発機構(OECD)が79カ国・地域の15歳を対象に2018年に実施した国際学習到達度調査(PISA、ピザ)で、日本の読解力低下が顕著になった。特に課題とされたのが文章の要旨をとらえたり、自分の考えを根拠を示して説明したりするといった思考力や表現力。中高一貫校では入試でこうした「PISA型学力」を重視する動きが強まっている。

この記事は有料記事です。

残り1608文字(全文1793文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  2. マダニ感染症で京都府内の80代男性意識不明 府内で今年初

  3. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか「世界を食べる」写真集最新作はリスボン ビーチで見せた“優しい異世界”

  5. 東京都の新規感染者は2日連続の100人超 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです