メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つかむ、僕の歩む道 37歳遺児、恩人と出会い農業

ホウレンソウの収穫に励む畑中信介さん=滋賀県甲賀市信楽町牧で、阿部絢美撮影

 小学6年の時に阪神大震災で両親を亡くした畑中信介さん(37)が、滋賀県甲賀市信楽町で農園を営んでいる。同情されるのが嫌で自分の殻にこもったこともあったが、信楽で恩人に出会って人生が変わった。今は農業が楽しくてたまらない。「自分は不幸だと思い込まないで」。災害遺児にメッセージを送る。【阿部絢美】

 25年前の1月17日。兵庫県西宮市の木造2階建ての自宅が全壊。自身と3歳上の兄は無事だったが、1階で寝ていた父進一さん(当時46歳)と母晶子さん(当時43歳)が、がれきの下敷きになって亡くなった。共に教諭で「おとん」は穏やか、「おかん」はパワフルな人だった。葬儀が終わっても頭は真っ白で、ただ泣き続けた。

 その後は親戚の家を転々とした。周囲はよくしてくれたが、「わかりやすい不幸な境遇」の自分が、腫れ物に触るように扱われるのが嫌だった。他人と壁を作るようになり、親戚にも敬語を使った。中学で入ったバスケットボール部では1人で練習することもあった。大学卒業後、京都市内のメーカーに入社しても人間関係がうまくいかなかった。

この記事は有料記事です。

残り684文字(全文1142文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  3. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 児童体罰で懲戒の小学校教諭 自宅待機処分中にFB投稿 ツーリング・グルメ満喫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです