メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

准教授刺傷 現場の研究室、施錠 名城大生、妨害阻止か

 名城大天白キャンパス(名古屋市天白区)で男性准教授(40)がはさみで刺され負傷した事件で、現場の研究室の扉は当時鍵が掛けられていたことが捜査関係者への取材で判明した。

 愛知県警天白署は、殺人未遂容疑で逮捕された理工学部3年の野原康佑容疑者(22)=同区元八事5=が襲撃を妨害されないよう掛けた可能性…

この記事は有料記事です。

残り207文字(全文357文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 岐阜中3自殺 市教委いじめ認め謝罪「寄り添えていなかった」

  4. 「金払う、サンドバッグ、土下座--から選択」いじめ34件を認定 岐阜の中3転落死

  5. 「名簿廃棄記録のログは廃棄しておりません」「調査はしません」 「桜」17日野党ヒアリング詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです