メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

背景に「米の同盟国・日本」への警戒心拭いきれず 露の平和条約締結「前提文書」作成要求

ロシアのプーチン大統領=ロシア南部のナリチクで11月29日、AP

 ロシアは日露平和条約の締結に先立つ条件として、前提となる文書の作成を求めた。背景には、米国との関係改善が見通せない中で、その同盟国である日本への警戒心を拭いきれないロシア側の現状がある。安倍晋三政権は2021年9月までの任期中に平和条約交渉の進展を目指すが、ロシアの強硬な態度に直面し実現が難しくなっている。

 ロシア政府高官は19年1月に平和条約交渉を始めて以来「日露関係を新たなレベルに引き上げるべきだ」(ラブロフ外相)と繰り返し求めてきた。日本が平和条約問題にとどまらず、経済関係の拡大や国際情勢における協力に取り組むべきだと主張。日露が包括的な戦略関係を築けない限り、平和条約締結や北方領土の引き渡しに応じない考えも繰り返してきた。

この記事は有料記事です。

残り805文字(全文1125文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  2. 「感染者2校以上確認で全府立学校を14日間休校」大阪府コロナ対策本部会議

  3. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

  4. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  5. オリックス生命 新宿拠点の700人超を在宅勤務に 協力会社員が新型コロナ感染で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです