茨城「アクアワールド」でジンベエザメ展示へ 水槽新設し22年度末

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
世界最大の魚類「ジンベエザメ」=海遊館提供
世界最大の魚類「ジンベエザメ」=海遊館提供

 茨城県は、アクアワールド県大洗水族館(大洗町磯浜町)で、世界最大の魚類「ジンベエザメ」の飼育、展示に乗り出すと発表した。専用の室内水槽を新設し、2022年度末のオープンを目指す。実現すれば東日本の水族館で唯一の展示となる見込みだ。

 大洗水族館では、63種類約400匹のサメを飼育しており、種類は国内最多。例年、約110万人が来館している。ジンベエザメを展示することで、観光客のさらなる増加につなげたい考えだ。

 ジンベエザメは温帯や熱帯の海域に生息し、灰色の背中にある白い斑点模様が特徴。成長すると全長は10~12メートルにもなる。

この記事は有料記事です。

残り433文字(全文699文字)

あわせて読みたい

注目の特集