メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仲邑菫初段 新年初対局は黒星 4時間43分の大熱戦実らず

仲邑菫初段=新土居仁昌撮影

 囲碁の最年少小学生棋士、仲邑菫(なかむら・すみれ)初段(10)は13日、大阪市北区の日本棋院関西総本部で新年初対局となる新設棋戦、第1回博多・カマチ杯女流オープン戦予選1回戦を打ち、黒番の宮本千春初段(25)に288手で2目半負け。宮本初段には勝ち星なしの2連敗となった。

 持ち時間各1時間の早碁。中盤まで黒が大…

この記事は有料記事です。

残り112文字(全文269文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 要請応じない/もう諦めるしか 大阪「時短」、反発や落胆 忘年会シーズン直撃 

  2. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 大阪市北区、中央区で休業・時短要請へ 27日から15日間 50万円給付調整

  5. 安倍氏の地元も「答弁、何だったのか」 「桜を見る会」補塡に疑問の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです