メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱狂ゲノム

遺伝子検査、30代男性記者が3社受けてみた 「私の寿命は…?」

民間の遺伝子検査の結果を見る記者=2020年1月7日、須田桃子撮影

 がんや心臓病といった病気になるリスク、太りやすさや記憶力の良さ、寿命まで――。遺伝子で病気のリスクや体質を調べる民間の遺伝子検査サービスが普及し、利用者は100万人以上に上るとみられる。どんな検査なのか、記者(30代男)が幅広い項目を検査する大手のうち3社のサービスを受けてみた。

唾液の採取用のキットと同意書が宅配便で届く

 3社は、約300項目を調べて結果を提供している。費用は、約3万7000~約1万6000円。セール中だったり、冊子形式で結果の受け取りを希望したりすることで、値段が異なった。インターネットで申し込むと、唾液の採取用のキットと同意書が宅配便で届いた。

 説明書を読むと、どの社も「遺伝子の統計的な傾向を示すもので、診断ではない」などと強調。ある社のパンフレットには「研究協力のお願い」とあり、「『健康長寿社会』の実現を目指します」「あなたの遺伝情報を活用します」などと記載されている。3社とも検査と研究利用への同意書に署名し、投函(とうかん)すると約1カ月後にメールで通知され、ネットで結果を閲覧できた。

 最も気になったのは「寿命」だ。父が病気で早世しており、覚悟してページを開いた。

 1社目の結…

この記事は有料記事です。

残り1870文字(全文2378文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深海ザメ「ラブカ」捕獲後に死す 生態不明、標本にして研究へ 和歌山・串本 

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  4. レオパレス、全取締役解任要求に反対 大株主は事業売却迫る

  5. 伊方原発、運転差し止め 広島高裁仮処分 地裁支部決定を取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです