メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

静岡学園が青森山田に逆転勝ち 24大会ぶり2回目の優勝 全国高校サッカー

高校サッカー決勝【青森山田-静岡学園】後半、静岡学園の加納大(右)が同点ゴールを決める=埼玉スタジアムで2020年1月13日、宮間俊樹撮影

[PR]

 第98回全国高校サッカー選手権は13日、埼玉スタジアムで決勝があり、静岡学園がDF中谷の2得点の活躍で青森山田に3―2で逆転勝ちし、24大会ぶり2回目の優勝を果たした。「サッカー王国」と呼ばれた静岡県勢の優勝は、静岡学園が鹿児島実と引き分けて両校優勝で初制覇した1995年度の第74回大会以来。静岡学園の単独での優勝は初。

高校サッカー決勝【青森山田-静岡学園】前半、先制ゴールを決める青森山田の藤原優大(右から2人目)=埼玉スタジアムで2020年1月13日、宮間俊樹撮影

 静岡学園は2―2で迎えた後半40分、中谷のヘディングシュートで逆転した。青森山田は2点のリードを守れず、史上9校目の連覇と3回目の優勝を逃した。

 決勝は5万6025人が観戦。静岡学園は元日本代表FW三浦知良(横浜FC)の母校で知られる。

静岡学園が多彩な攻撃で逆転

 静岡学園が多彩な攻撃で逆転した。前半終了直前、DF中谷がFKのこぼれ球を押し込み、1―2で折り返した。後半はサイド突破で再三好機を作り、16分にFW加納がゴール。40分には中谷がFKに頭で合わせて勝ち越した。青森山田は得意のセットプレーが機能し前半に2点を先行したが、後半は中盤が間延びし、守備の圧力が低下したのが痛かった。

 静岡学園・川口監督 先輩たちの努力や苦労がきょう報われた。この優勝をきっかけに(サッカー王国と呼ばれる)静岡県ももっと盛り上がっていけると思う。

 青森山田・黒田監督 2点を取り、精神的に守勢に回った。前半最後に自分たちのミスから失点し、プランが崩れた。優勝した昨年度のチームから選手が大きく入れ替わったが、成長しここまで連れてきてくれた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  2. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  3. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 首相、違法な桜名簿管理は「民主党政権を前例として漫然と引き継いだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです