メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソフトバンク中村晃が自主トレ公開 全試合出場が目標

4年契約を結んだソフトバンクの中村晃=2018年12月22日、吉見裕都撮影

[PR]

 ソフトバンクの中村晃外野手(30)が13日、長崎市で自主トレーニングを公開した。昨年は腰痛や自律神経失調症などに苦しんで44試合の出場にとどまり、今年は全試合出場と出塁率4割を目標に掲げた。

 腰の負担を軽減するため、自主トレでは尻周りの筋力強化や股関節の柔軟性向上に力を入れる。打撃の仕上がりも順調で、フリー打撃では鋭い当たりを飛ばし、「振っている感じは去年より良い」と手応えを語った。中村晃は「毎年キャンプでは初日に紅白戦ができるくらいに持っていっている。良い準備をしたい」と昨年の雪辱を誓っていた。【黒澤敬太郎】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  4. 老舗「大沼」破産、山形経済に打撃 代表「暖冬で冬物売れず背筋寒く」

  5. 新型肺炎 政府チャーター機、日本人帰国29日以降にずれこみ 中国と調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです