メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

絶妙な動き、栄冠もたらした静岡学園・DF中谷の2ゴール

【青森山田-静岡学園】後半、勝ち越しのヘディングシュートを決める静岡学園の中谷颯辰=埼玉スタジアムで2020年1月13日、宮武祐希撮影

[PR]

第98回全国高校サッカー選手権決勝(13日、埼玉スタジアム)=○静岡学園3―2青森山田●、24大会ぶり2回目の優勝

【青森山田-静岡学園】優勝を決めて喜ぶ2得点を挙げた静岡学園の中谷(中央)=埼玉スタジアムで2020年1月13日、藤井達也撮影

 技術に優れるアタッカーが看板の静岡学園に、1995年度以来の栄冠をもたらしたのはDF中谷の2ゴールだった。「自分たちの代で静学が優勝し、これから毎回のように上位に食い込める。サッカー王国復活の一歩を踏み出せた」と力強く喜びを語った。

【青森山田-静岡学園】優勝を決めて喜ぶ静岡学園の選手たち=埼玉スタジアムで2020年1月13日、藤井達也撮影

 同点の後半40分、左サイドからMF井堀が蹴ったFKに対し、中央から逆サイドに回り込んだ中谷がゴールポスト近くで跳び上がって頭で押し込んだ。178センチと目立った長身ではないが、絶妙な動き出しで青森山田のマークを外した。

 反撃ののろしを上げたのも中谷の一撃だった。2点のリードを許した前半ロスタイム、FKからのこぼれ球を相手DFがクリアしたところを、右足でゴールにたたき込んだ。「DFとして失点の責任を感じていた。青森山田が相手で0―2では、後半が厳しかった。あの1点で勢いが出た」と自画自賛した。

 足元の技術を重んじる静岡学園で、FW、MFと同様のシュート練習に取り組んできた。大阪府出身で寮生活を送る中谷は、身支度を自分でこなしつつ、空き時間の自主練習でもチームメートとキックの技術を磨いた。「限られた時間でどれだけ集中できるか。3年間やってきたことが自分のためになった」。卒業後は早大に進学予定。静岡学園でつかんだ自信を胸にプロ入りを目指す。【大谷津統一】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深海ザメ「ラブカ」捕獲後に死す 生態不明、標本にして研究へ 和歌山・串本 

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  4. レオパレス、全取締役解任要求に反対 大株主は事業売却迫る

  5. 伊方原発、運転差し止め 広島高裁仮処分 地裁支部決定を取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです