メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「一番悔しい負け」青森山田の主将・武田 高校サッカー選手権・決勝

高校サッカー決勝【青森山田-静岡学園】前半、ファウルを受けてPKを獲得する青森山田の武田英寿(上)。下は静岡学園のGK野知滉平=埼玉スタジアムで2020年1月13日、宮間俊樹撮影

 目標だった連覇を逃し、青森山田の主将・武田は立ち尽くしていた。「高校サッカーが終わった」。この仲間たちと、もうサッカーをすることはない――。心の底から悲しみが湧き上がってきた。

 前半は積極的に攻めた。藤原が先制のゴールを挙げ、武田も自らのPKを決めて2点をリードした。ところが、前半終了間際、自分たちが得意とするセットプレーから相手に1点を返されたことで、重心がずるずると下がった。守りに入り、気持ちも緩み、終盤にひっくり返された。

 いつもと変わらずやるのは難しい。追いつかれても、「このままでは終わらない。気持ちの勝負」と自身と仲間に言い続けていた。だが、「焦り、少し(味方と呼吸が)合わなかった」と武田。「これまでのサッカー人生で一番悔しい負け」と振り返った。

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文615文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  3. 特集ワイド 学術会議問題◀◀井筒監督 若者よ、立ち上がれ キナ臭いよな 権力むき出しの暴力

  4. ここが焦点 大阪の経済成長、本物? 11~17年度、全国平均届かず 15年度以降、訪日客増で好況

  5. ORICON NEWS 伊藤健太郎容疑者、12月放送予定のNHKドラマ降板 オンデマンドでの作品販売も停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです