メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プレスリリース

オルツテクノロジーズ、リアルタイム議事録作成ツール「AI GIJIROKU(AI議事録)」を提供開始(共同通信PRワイヤー)

情報提供:共同通信PRワイヤー

プレスリリースページの情報について

AI GIJIROKU(AI議事録)

2020年1月13日

株式会社オルツテクノロジーズ

オルツのパーソナライズ技術を駆使してスマートミーティングの世界を実現。

パーソナル人工知能技術提供サービスの、株式会社オルツテクノロジーズ(本社:東京都港区、代表取締役:米倉 千貴、以下「当社」)は、会議議事録を自動で文字起こしを行う「AI GIJIROKU(AI議事録)」https://gijiroku.ai の提供を1月13日から開始しました。

当社のグループ企業である、株式会社オルツ(本社:東京都港区、代表取締役:米倉 千貴、以下「オルツ」)のコミュニケーションAI技術を活用した、従来の議事録ツールとは異なる、高度なパーソナライズ化技術によって、スマートミーティングの実現を加速させます。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202001105592-O1-Nrt1oD6B


■概要
企業の働き方改革の進展がこれまで以上に叫ばれている昨今、組織や従業員一人ひとりの仕事のさらなる効率化が求められています。そんな社会課題を解決すべく、オルツの研究チームによるAI要素技術を駆使し、従来、録音音声の書き起こしや、手書きメモを再度手入力することが基本であった会議の議事録を、リアルタイムにテキストデータ化する「AI GIJIROKU」を開発しました。当社では効率的な会議をスマートミーティングと定義し、会議の可視化だけでなく最適な社員の働き方について具体的なソリューションを提供し、社会課題の解決に貢献していきます。


■機能
1:リアルタイム テキスト化
会議参加者の音声を自動で録音・記録し、音声認識によりリアルタイムで会議内容をテキスト化します。精度の高い話者分離機能も搭載し、会議参加者が増えた場合でも、はっきりと発言者を判断します。会議終了後には、テキストデータを共有することも可能です。通常手作業だと3〜4時間かかっていた議事録作成作業が、数分で完了できます。※テストケースの場合

2:オルツのパーソナライズ技術による※1認識精度向上
他社の議事録ツールには搭載されていない、独自の精度向上機能を搭載しています。従来、音声認識にミスがあった場合、その都度入力し直しの手間が発生していましたが、「AI GIJIROKU」では、話者の音声データを蓄積し、機械学習の学習素材とすることで、オルツ研究チームの成果である、「パーソナライズAIモデル」を生成。ツールの使用回数が増えると認識精度が高まる仕組みとなっています。日本語の場合は、通常85%の精度を10万コミュニケーションごとにおよそ5%向上可能です。利用者の属性や環境、さらには個人的な癖などが認識に反映されていくため、個々人が使えば使うほどさらに手放せなるツールとなるでしょう。

3:リアルタイム翻訳
参加メンバーの言語を選択すれば、主要30言語に自動的に翻訳します。海外とのオンライン会議や訪日外国人との会話なども、「AI GIJIROKU」がしっかりサポートします。さらに、スマートミーティングの実現をさらに加速させるため、議事録要約サービスをオペレーター版※2と自動版として提供いたします。

4:導入しやすい価格設定
「AI GIJIROKU」は、個人でも利用可能な月額1500円(税別)からの低価格設定です。ベンチャーや中小企業から、大企業まで利用量に応じた費用設定となるため、大規模予算を組むことなく気軽に使用できるメリットがあります。

5:「AI GIJIROKU」パートナーの募集
「AI GIJIROKU」パートナー企業連携制度を開設し、同サービスの販売や展開を行う企業の受付を開始します。なお、パートナー企業には利用料の割引など特典も用意されます。年間で100社のパートナー企業、50,000人の利用者数を見込んでいます。

「AI GIJIROKU」パートナーに関するご相談はこちらまで:
 https://gijiroku.ai/partner_company.html

 ※ご連絡先 Emailアドレス:gijiroku@alt.ai


■意義
「AI GIJIROKU」は、オルツの膨大な要素技術をサービスにまとめ上げる、一つの実践です。パーソナル人工知能開発のオルツの研究開発成果が反映され続けるため、個人の利用動向に深く根ざしたパーソナライゼーションが如何に顧客価値を向上するかを表現する実証でもあります。


※1 オプションサービスとなります。
※2 通常料金で600分の収録が可能。収録時間の追加は(スタンダードプランは2円/1分 ビジネスプランは1.5円/1分)で従量課金が発生します。


■メディア向けテスト利用について
機能の確認や利用感を確認いただくために、メディア向けのテストアカウントを発行しております。下記メールアドレスにテスト利用の旨を御連絡ください。

 ※ご連絡先 Emailアドレス:gijiroku@alt.ai



■ 株式会社オルツテクノロジーズについて
社名       :株式会社オルツテクノロジーズ
URL       :https://alt-technologies.com
所在地    :東京都港区六本木 7-15-7 SENQ 六本木 703
代表者    :代表取締役 米倉 千貴
設立日    :2019年4月
事業内容:人工知能及び人工知能関連技術の研究・開発及びこれに関するサービスのコンサルティング・企画・開発・運営


■ 株式会社オルツについて
社名       :株式会社オルツ
URL       :https://alt.ai
所在地    :東京都港区六本木 7-15-7 SENQ 六本木 703
代表者    :代表取締役 米倉 千貴
設立       :2014年11月
事業内容 :P.A.I.(パーソナル人工知能)『alt(オルツ)』の開発、提供



<「AI GIJIROKU(AI議事録)」公式サイト>
https://gijiroku.ai/

<「AI GIJIROKU(AI議事録)」コンセプト映像>
https://youtu.be/CUJ5IJyQLmw


情報提供:共同通信PRワイヤー

プレスリリースページの情報について

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  2. プロレス元王者・中西学さん 人生第2ラウンドは家業の茶農家 「魅力、世界へ」

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  4. イナズマロックフェス「来年は烏丸半島で」 トリは西川貴教さん 滋賀県庁で熱唱

  5. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです