メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 鼠入昌史さん 変わる光景、降りて記録

『東海道線154駅』を著した鼠入昌史さん=東京都府中市で、広瀬登撮影

 ■東海道線154駅 鼠入昌史(そいり・まさし)さん イカロス出版・1870円

 東京と神戸を結ぶJR東海道線は、日本の三大都市圏を貫く大動脈だ。支線を除いた全長は589・5キロ。在来線の駅数は154にのぼる。「降りて、見て、歩いて、調べた」。その副題の通り、すべての駅を訪れ、記録した。

 「どんな所に駅はあるのか、そこからどんな光景が見えるのか。主役は駅です」。コンセプトをこう説明する。ありがちな駅周辺の観光ガイドではない。あくまでも、駅の構造や立地、歴史が柱に据えられる。

 例えば、大阪駅。<新大阪駅から南に走って淀川を渡ると、大阪駅に着く。1日の平均乗車人員は43万61…

この記事は有料記事です。

残り617文字(全文905文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  5. 新型肺炎「中国の感染者は推計5502人」 北大チーム、数百人は過小評価と分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです