メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あした元気になあれ

子ども福祉委員=小国綾子

地域の高齢者を訪ね、「困ったことがあったら何でも言うてください!」と声をかける「子ども福祉委員」の女子中学生ら=大阪府阪南市で2019年12月23日、小国綾子撮影

 「おばちゃんだけではもう無理。子どもらも助けてえな」。大阪府阪南市に中学生らによる「子ども福祉委員」が誕生したのは、福祉委員の女性(59)のこんな呼びかけがきっかけだった。

 大阪のベッドタウンで、昼間は子どもとお年寄りばかりの街。高齢化率は3割を超え、地域の福祉委員の主力は70~80代だ。

 大人の「助けてえな」の一言に地元の中学生たちが立ち上がった。「お年寄りの『夢かなえ隊』になろう!」と高齢者を訪ね、困りごとを聞いて回った。庭の草刈り、網戸掃除、電球交換……何でも手伝った。買い物支援サービスを受ける車イスの高齢女性から「もう一度、スーパーに自分で行って品物を選びたいなあ」と夢を聞かされた時は、車イスの操作を一から学び、買い物に同伴した。

 3年前、中学生12人で始まった活動に、今や77人の小中学生が自主的に参加する。昨年、パナソニック教…

この記事は有料記事です。

残り574文字(全文948文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  3. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  4. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

  5. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです