メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外GDP年6.3%減 5四半期ぶりマイナス 消費増税響く
キャンパる

なにコレ!? 天祖神社歌占プロジェクト おみくじで神話に親しむ

 初詣で今年1年を占うおみくじを引いた人も多いことだろう。東京都板橋区にある「天祖(てんそ)神社」では、「天祖神社歌占(うたうら)」という、いっぷう変わったおみくじを引くことができる。同神社と、成蹊大学(東京都武蔵野市)でおみくじの研究をする、平野多恵教授と学生たちによる共同プロジェクトで制作しているものだ。

 歌占とは、和歌による占いのこと。かつて和歌は人が神とやりとりをするために用いられていた。神は和歌を用いてお告げを示すとされ、みこなどがその和歌を解釈していた。現在ではあらかじめ解釈がされ、吉凶を示すかたちのおみくじが一般化している。

この記事は有料記事です。

残り831文字(全文1103文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 公文書クライシス 「解釈、どうとでも」 "保存1年未満"文書破棄記録ゼロ 情報公開、ルール骨抜き

  4. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  5. 国立大5校、授業料値上げ 昨春以降 学生ら、説明不足批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです