メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

なにコレ!? 天祖神社歌占プロジェクト おみくじで神話に親しむ

 初詣で今年1年を占うおみくじを引いた人も多いことだろう。東京都板橋区にある「天祖(てんそ)神社」では、「天祖神社歌占(うたうら)」という、いっぷう変わったおみくじを引くことができる。同神社と、成蹊大学(東京都武蔵野市)でおみくじの研究をする、平野多恵教授と学生たちによる共同プロジェクトで制作しているものだ。

 歌占とは、和歌による占いのこと。かつて和歌は人が神とやりとりをするために用いられていた。神は和歌を用いてお告げを示すとされ、みこなどがその和歌を解釈していた。現在ではあらかじめ解釈がされ、吉凶を示すかたちのおみくじが一般化している。

この記事は有料記事です。

残り831文字(全文1103文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 休園?一部受け入れ?それとも原則開園? 緊急事態宣言、保育園「どうしたら…」

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  4. 緊急事態宣言 休業か、一部営業か「あらゆる事態想定」 対応追われる百貨店

  5. 「緊急事態宣言」8日午前0時効力発生へ 首相、記者会見で説明へ 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです