メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

若者に能の魅力発信 大学生中心に舞台企画 LINEで同時解説など工夫

 東京都渋谷区千駄ケ谷にある国立能楽堂で12日、第15回若者能公演が行われた。「若者能」とは、一流の能楽師による能の舞台を企画・運営する、大学生を中心とした団体のこと。「はじめて観(み)る方のための優しいお能」というコンセプトの下、特に若者に能を知ってほしいという思いを込め、さまざまな工夫を凝らした公演を半年以上かけてつくっている。12日の舞台に出演した能楽師で、若者能の創設者でもある塩津圭介さん(35)と実行委員の学生たちに、能の魅力や「若者能」の活動について話を聞いた。【東京大・髙橋瑞季】

 今回の公演の演目は「小鍛冶」。刀鍛冶である宗近(むねちか)が、キツネの姿で現れた神様と共に名剣を生み出すといったストーリーだ。「剣を打つというのは、御代替(みよが)わりのめでたさを表す。令和最初の若者能としてふさわしい演目だったと思う」。能楽師の塩津さんは力強くそううなずいた。

この記事は有料記事です。

残り1518文字(全文1907文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 再選択2020~私の見方 東京一極集中は「けったくそ悪い」 漫才師・西川のりおさん 大阪都構想住民投票

  5. 毎日新聞に「嵐」の二宮さん iPhone広告で全国紙5紙に1人ずつ掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです