連載

1・17あの日から私は

毎日新聞デジタルの「1・17あの日から私は」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

1・17あの日から私は

阪神大震災25年/4 ここでしかできない復興 建築家・安藤忠雄さん(78)

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
安藤さんによるオブジェ「青りんご」。右奥は2019年に増築された「Ando Gallery」=神戸市中央区の同館で11日、中本泰代撮影
安藤さんによるオブジェ「青りんご」。右奥は2019年に増築された「Ando Gallery」=神戸市中央区の同館で11日、中本泰代撮影

 阪神大震災発生時は仕事でロンドンにいた。ニュースで知り、翌日からの予定を全てキャンセルして帰国。大阪・天保山から船で神戸に入り、惨状を目の当たりにした。「復興は難しいだろう」。絶望的な気持ちになった。

 修業時代を過ごした神戸は、自分にとって青春の思い出の地だ。いわば第二の故郷。海と山に囲まれたその美しい街が一瞬にして破壊された。数カ月は仕事を中断して被災地を歩き回り、被災状況を目に焼き付けた。

 当時は困難に思えたが、その後、比較的スピーディーに復興が進んだのは、まず地元の人たちが街を愛し、誇りを持って生きてきたことが大きいと思う。都市には珍しくコミュニティーも残っていた。大阪や東京では難しいのではないか。後に「ボランティア元年」と言われた通り、全国から駆けつけ、地元の人を支えた方々の働きにも多くを教えられた。

この記事は有料記事です。

残り730文字(全文1090文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集