メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西川ヘレンのこれ食べてみて

鯛めし 切り干しダイコンの漬物 アオサのおすまし めでタイ新年、シンプルに

(左から時計回りに)鯛めし、アオサのおすまし、切り干しダイコンの漬物=大阪市北区で、久保玲撮影

 新しい年が始まりました。みなさんが健康で安全に過ごせますように――。そう願いながら「鯛(たい)めし」を西川ヘレンさんに教えてもらいます。

 年末年始と忙しかった人たちにも、ほっと一息入れてもらえるようにとシンプルなお料理です。「おなかにも優しい感じになると思いますよ」とヘレンさん。

 年の変わり目は、久しぶりに家族みんなで顔をあわせ、家内に伝わるきめごとや祖先に対する感謝を、改めて語らいあう大切な時間でもあったと言います。

 さて、お料理ですが、「お魚はとにかくお料理前のお掃除が大切。流水ではらわたや血合いを丁寧に洗い、お塩で水分や臭みをとっておくことがポイントです」と。うろこ取りや包丁さばきに自信のない方々は、お願いをすれば、たいていの魚屋さんが、整えてくれるそうです。

この記事は有料記事です。

残り1341文字(全文1679文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです