メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

空港民営化でどう変わる? 観光客分散で全域活性化=回答・真貝恒平 /北海道

一括民営化後も中核を担う新千歳空港=北海道千歳市で2017年9月22日、本社機「希望」から、竹内幹撮影

 なるほドリ 道内7空港の一括民営化が今年いよいよスタートするね。15日には7空港一体のターミナルビル経営が開始するけど、民営化ってどういう意味なの?

 記者 国、道、市が管理運営している道内7空港の運営を民間企業に任せ、民間のノウハウを生かした戦略的な路線誘致や施設整備に取り組んで便利な空港にするのが目的です。国が管理者の新千歳、函館、釧路、稚内と、道が管理者の女満別、市が管理者の旭川、帯広の計7空港。国内では既に仙台、高松、福岡空港などが民営化されていますが、管理者が異なる7空港をまとめて民営化するのは国内初めてです。運営企業は、新千歳空港ターミナルビルを運営する北海道空港(HKK、札幌市)を代表企業として計17社でつくる企業連合「北海道エアポート」(千歳市、蒲生猛社長)です。

この記事は有料記事です。

残り1616文字(全文1960文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. 自宅療養中コロナ死21人 7人は入院先決まらず待機中 症状急に悪化

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです