メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新旧冬の風物詩 裸参り 横手・二井山/イルミネーション 能代 /秋田

おけに入った湧き水をかぶる男衆=秋田県横手市で

 横手市雄物川町二井山の湯殿山神社で12日夜、裸参りがあった。下帯姿の男衆が、水ごりを行って1年の安全などを祈願した。

 裸参りは山岳信仰の出羽三山信仰(本山・山形県)が根付く二井山で400年以上続く伝統行事。10人ほどが参加する年もあったが、高齢化などで今年は2人が参加した。

 裸足にふんどし姿の男衆は百目ろうそくが揺れる参道を歩いて火がたかれた本殿前に到着。おけに入った湧き水を左右にかけて身を清め参拝した。

 幼少期から参加している同地区のしんきゅう師、佐々木恒貴さん(34)は「悪いことなく1年を過ごせるよう身を清めた」。横手市と友好都市の茨城県那珂市から出向中の公務員、永井悠介さん(26)は妻の安産などを祈願したといい「水は冷たかったが、父親になる覚悟ができました」と話していた。【中村聡也】

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文634文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  4. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  5. 新型コロナ最多66人の北海道は集団感染も 知事「思い切った対策」外出自粛に踏み込む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです