メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「蘇峰の人柄感じて」 二宮の記念館、愛用の印章展示 /神奈川

会場には役割ごとのハンコなどが展示されている=神奈川県二宮町で

 明治から昭和にかけて活躍したジャーナリスト、徳富蘇峰が持っていた約500本のハンコのうち特に愛用した123本と、その印影(印鑑)を集めた「徳富蘇峰愛用の印章コレクション」展が二宮町二宮の徳富蘇峰記念館で始まった。

 書画の落款として使う姓名印や雅号印のほか、蔵書印や住所印、創刊した国民新聞の社長印など、蘇峰が役割ごとに使い分けていたハンコが並ぶ。材質は木材、竹根、陶器、金属、動物の牙などさまざまで、印影デザイン…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文519文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. 持続化給付金詐取容疑、全国で55人逮捕 SNSで若者勧誘も 返還相談2000件超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです