メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋のまち・掛川城対決

第69期王将戦 第1局 封じ手の逸話紹介 大盤解説150席、盛況 /静岡

対局を終えて大盤解説会場に姿を見せた渡辺明王将(右)と広瀬章人八段(左)=静岡県掛川市の大日本報徳社大講堂で

 渡辺明王将(35)に広瀬章人八段(32)が挑戦する第69期大阪王将杯王将戦七番勝負(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社、日本将棋連盟主催、大阪王将特別協賛、囲碁・将棋チャンネル協賛)の第1局(後援=掛川市・市教委、静岡新聞社・静岡放送、協賛=島田掛川信用金庫、ゼロの会、協力=日本将棋連盟掛川支部、同浜松支部)は13日、掛川市の掛川城二の丸茶室で2日目を行い、渡辺王将が勝利して初戦を飾った。

 国の重要文化財に指定されている重厚な木造建築の大日本報徳社大講堂では、大盤解説が行われた。午前10…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文582文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 井筒屋入居のビルが破産 クロサキメイト4月末で閉店 北九州・JR黒崎駅前

  5. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです