メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

耕作放棄地の再生へ 格安貸農園が好評 大阪の会社、堺や大阪狭山で借り上げ提供 /大阪

貸農園を整える石田真一さん=堺市中区土塔の農園で、隈元悠太撮影

 高齢になったり、後継ぎがいなくなって耕作放棄された都市部の農地を、安価で貸し出す試みが好評だ。「憧れていた農業を楽しめる」と話す借り手と、「畑がよみがえった」と喜ぶ貸し手の思いがつながっている。【隈元悠太】

 堺市を中心に耕作放棄地を借り上げ、貸農園として提供する「シード・タウンマネジメント」(大阪市中央区、06・6920・8670)。2018年入社の石田真一(45)さんは「貸農園が農地減少を食い止める切り札になれば」と意気込む。

 高齢化などで農地を手放すケースが増えている。農林水産省によると、全国の耕作放棄地は40万ヘクタールを超えている。

この記事は有料記事です。

残り534文字(全文808文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  2. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  3. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  4. 大規模イベント開催は「主催者の判断」 菅官房長官会見詳報

  5. 「みんなしゃべれます」泣き叫ぶ職員 やまゆり園での犯行詳細が明らかに 相模原殺傷

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです