メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

露、日米同盟に警戒心 平和条約交渉、強硬姿勢強め

 ロシアは日露平和条約の締結に先立つ条件として、前提となる文書の作成を求めた。背景には米国との関係改善が見通せない中で、その同盟国である日本への警戒心を拭いきれないロシア側の現状がある。安倍晋三政権は2021年9月までの任期中に平和条約交渉の進展を目指すが、ロシアの強硬な態度に直面し実現が難しくなっている。

 ロシア政府高官は19年1月に平和条約交渉を始めて以来「日露関係を新たなレベルに引き上げるべきだ」(…

この記事は有料記事です。

残り866文字(全文1071文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 日本人名のローマ字表記 「名→姓」定着は西洋人コスプレ?

  3. 元NBA選手、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  5. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです