メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

露、日米同盟に警戒心 平和条約交渉、強硬姿勢強め

 ロシアは日露平和条約の締結に先立つ条件として、前提となる文書の作成を求めた。背景には米国との関係改善が見通せない中で、その同盟国である日本への警戒心を拭いきれないロシア側の現状がある。安倍晋三政権は2021年9月までの任期中に平和条約交渉の進展を目指すが、ロシアの強硬な態度に直面し実現が難しくなっている。

 ロシア政府高官は19年1月に平和条約交渉を始めて以来「日露関係を新たなレベルに引き上げるべきだ」(ラブロフ外相)と繰り返し求めてきた。日本が平和条約問題にとどまらず、経済関係の拡大や国際協力に取り組むべきだと主張。日露が包括的な戦略関係を築けない限り、平和条約締結や北方領土の引き渡しに応じない考えも繰り返してきた。

この記事は有料記事です。

残り757文字(全文1071文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

  4. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  5. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「政府の責任だけではない」 危機管理の観点で見た第3波 先崎日大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです