メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終活Q&A

生活の窓口から 音信不通の遺族がいる

 Q 音信不通の遺族がいる

 独身の弟を亡くしました。遺言は残されていません。両親と兄弟姉妹のうち私以外は他界しています。おいやめいとは音信不通のため、遺産分割の話し合いができず途方に暮れています。(女性、70代)

 A 戸籍の付票取得すれば判明

 相続人が顔をそろえて遺産分割協議できない状況なら、相続人全員の合意が得られるように文書を交わし分割内容を調整します。

 まず相続人を確定します。弟の出生から死亡に至るまでの連続した戸籍謄本(除籍謄本、改製原戸籍謄本を含む)を取り寄せます。亡くなっている両親と兄弟姉妹の出生から死亡までの連続した戸籍謄本も必要です。戸籍謄本は本籍地の市町村役場で直系親族などが請求します。戸籍謄本には一つ前の本籍地が記載されているため、出生までさかのぼって請求を繰り返すと連続した戸籍を収集できます。

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文835文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  2. GDP年6.3%減 19年10~12月速報値、5四半期ぶりマイナス 消費増税響く

  3. 公文書クライシス 「解釈、どうとでも」 "保存1年未満"文書破棄記録ゼロ 情報公開、ルール骨抜き

  4. 雪不足で営業できず 福井の老舗スキー場が破産

  5. 新型肺炎 「感染拡大」前提に対策 政府、専門家会議受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです