メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

AIの仲人さん、良縁支援

握手をすると、リストバンド型の機器を付けた2人のプロフィルがタブレット端末に表示される

 婚活に人工知能(AI)など先端技術を取り入れる動きが広がっている。会話のきっかけや盛り上げ役となったり、相性のいい人を探したりと、「仲人さん」の役目を担う。結婚支援事業に導入した自治体もあり、業務の効率化も期待されている。

 ●会話盛り上げ役に

 趣味、出身地から飲酒・喫煙の有無や結婚歴まで――。昨年6月に開かれた結婚相談所「ツヴァイ」主催の婚活パーティー。リストバンドをして参加した男女があいさつで握手をすると、お互いのプロフィルがタブレット端末の左右に表示された。参加者は「映画が好きなんですね」「お酒は家でも飲みますか」などと会話を進めた。

 活用しているのは握手やタッチといった体に触れる動作で情報を伝える「人体通信技術」。同社は、お互いの…

この記事は有料記事です。

残り735文字(全文1058文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  5. 井筒屋入居のビルが破産 クロサキメイト4月末で閉店 北九州・JR黒崎駅前

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです