メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

パラスポーツ最前線 視覚障害者柔道 若手育成も課題 お家芸復権へ地力重視

第34回全日本視覚障害者柔道大会の男子66キロ級で、ベテランの藤本を攻める19歳の瀬戸(上)=幾島健太郎撮影

 東京パラリンピック(8月25日開幕)に向け、さまざまな競技でメダル獲得に向けた取り組みが進んでいる。過去のパラリンピックで金メダル12個を含む計30個のメダルを獲得した視覚障害者柔道は、五輪と同様にお家芸とされてきた。しかし、最近は海外勢に押され気味となっている。強化の現状に迫る「パラスポーツ最前線」では、ベテランと若手の融合、さらに「2020」以降の世代交代をテーマに掲げる視覚障害者柔道の復権への道を探った。【岩壁峻、高橋秀明】

 視覚障害者柔道は東京パラリンピックで、男子7階級、女子6階級で争われる。開催国の日本は2018年1…

この記事は有料記事です。

残り2098文字(全文2366文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  2. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  3. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 首相、違法な桜名簿管理は「民主党政権を前例として漫然と引き継いだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです