メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第69期王将戦

大阪王将杯 第1局 渡辺、寄せきり先勝

感想戦で対局を振り返る渡辺明王将=静岡県掛川市で13日

 静岡県掛川市の掛川城二の丸茶室で12日から行われた第69期大阪王将杯王将戦七番勝負第1局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、大阪王将特別協賛、掛川市・市教委、静岡新聞社・静岡放送後援、島田掛川信用金庫、ゼロの会、囲碁・将棋チャンネル協賛)は13日午後4時56分、渡辺明王将(35)が103手で挑戦者の広瀬章人八段(32)に勝ち、2連覇と通算4期目に向けて好スタートを切った。

 残り時間は渡辺1時間15分、広瀬42分。第2局は25、26日、大阪府高槻市の山水館で行われる。

この記事は有料記事です。

残り812文字(全文1051文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 拳銃強奪事件 重傷の古瀬巡査が職場復帰 大阪・吹田

  5. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです