メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

菅氏、「桜を見る会」名簿の再調査否定 職員の処分は「適切に対応」

閣議後の記者会見で質問を受ける菅義偉官房長官=首相官邸で2020年1月14日午前10時36分、川田雅浩撮影

[PR]

 菅義偉官房長官は14日午後の記者会見で、首相主催の「桜を見る会」の招待者名簿が残っているかどうかを調べる再調査の必要性を否定した。「これまでの調査で既に廃棄したということであり、再調査は考えていない」と述べた。

 招待者名簿を巡っては、2013~17年度分に関して、公文書管理法が義務づけている「行政文書ファイル管理簿」への記載がなかったことなどが判明している。菅氏は「これまで必要な確認、調査を行ってきた」と強調。「名簿は内閣府人事課の担当者数名で管理している。担当者に確認し、人事課の執務室などでも捜した結果、既に廃棄したということだ」と述べた。

 また、行政文書ファイル管理簿への記載を怠った職員の処分については、具体的な言及を避け、「適切に対応している」と述べるにとどめた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  2. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  3. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 首相、違法な桜名簿管理は「民主党政権を前例として漫然と引き継いだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです