メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪府と大阪市、職員と業者の短時間面会も原則禁止に IR汚職受け

大阪府庁=大阪市中央区大手前で2019年2月25日、芝村侑美撮影

[PR]

 IR誘致を目指し、全国に先駆けて2019年12月に業者の公募手続きを始めた大阪府と大阪市は14日、これまで認めていた職員と業者の短時間の面会を原則禁止するよう指針を厳格化した。汚職事件を受け、改めたとみられる。

 指針では、職員が業者と意見交換する場合、公平性を確保するために目的や期間などを事前にホームページに掲載すると規定しているが、あいさつなど短時間の面会は対象外だった。

 一方、衆院議員、秋元司容疑者の収賄容疑での再逮捕を受け、吉村洋文知事は、「IRそのものに問題があるというよりは議員自身に問題がある。今回の不祥事、犯罪は、大阪で進めていくIRそのものとは無関係だ」と強調した。【道下寛子、芝村侑美】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  4. 老舗「大沼」破産、山形経済に打撃 代表「暖冬で冬物売れず背筋寒く」

  5. 兵庫・西宮の山中に遺体 大阪の会社社長か 22日から行方不明 事務所に血痕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです