メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食品ロス削減 ファミマがレンジおでん販売開始 レジ横鍋に代わり 

ファミリーマートの「レンジおでん」のイメージ

[PR]

 ファミリーマートは14日、食品ロス削減の一環で、パックに入ったおでんを店員が注文ごとに電子レンジで温めて提供する「レンジおでん」の販売を開始した。レジ横に置かれた鍋で提供する従来の方法と比べ、廃棄を大幅に減らせる。おでんの補充や時間管理、清掃など店舗業務の負担を軽減する効果も期待する。

 つゆに長時間浸すおでんは販売できるのが数時間と短く、廃棄によって店舗の利益が出にくいとされる。清掃やおでん種の補充といった手間も多く、従業員の人手不足も相まっておでん鍋は敬遠されがちだ。

 商品は人気の大根、ちくわ、こんにゃく、さつま揚げを詰めた4個入り(268円)など。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  2. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  3. 女子高生死亡事故で男性に無罪 自転車「予見」に疑い 徳島地裁

  4. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  5. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです