メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

個人の投信と株式手数料、ネット証券にゼロの波 背景に米国発の競争激化

投資信託にかかる費用のイメージ

 インターネット証券各社が、個人投資家が投資信託や株式を購入する際の手数料を相次いで無料化している。米国発の競争激化が背景にあり、利用者にはメリットとなるが、手数料はネット証券の収益の柱で業績へのダメージは大きい。消耗戦から抜け出すため新たなビジネスモデルの構築を迫られそうだ。

 投資信託についてはネット証券大手5社が2019年12月、販売手数料の無料化を決め、既に実施している。松井証券が12月2日に無料化方針を示すと、翌3日には楽天証券とマネックス証券が追随。最大手のSBI証券とauカブコム証券も10日までに無料化を決めた。投信は長期保有向きの金融商品で、資産形成を始める若い世代に歓迎されそうだ。

 株式についてはSBI証券と松井証券が19年12月9日、売買手数料の無料枠の拡大を決定。従来は1日の…

この記事は有料記事です。

残り1073文字(全文1425文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  2. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  3. 女子高生死亡事故で男性に無罪 自転車「予見」に疑い 徳島地裁

  4. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  5. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです