トランプ米大統領=AP

 トランプ米大統領は13日、イラン革命防衛隊「コッズ部隊」のソレイマニ司令官殺害に関し、「差し迫った脅威」があったかについて、「彼には恐ろしい過去があるので、どうでもいいことだ」とツイッターに投稿した。連日、野党・民主党とメディアが殺害根拠を追及しているのに対し、反発したものだ。

 トランプ氏は、ソレイマニ氏殺害に関し、テレビのインタビューで「四つの大使館」が標的だったと述べたり、バグダッドの米大使館の「爆破を画策していた」との考えを示唆したりし、殺害の正当性を強調してきた。

 だが、いずれも米政府関係者が事実とは認めておらず、トランプ氏の発言の信ぴょう性が疑われている。「どうでもいい」発言は、整合性のある説明ができないため、開き直ったものとの受け止めが広がっている。【ワシントン古本陽荘】