イラン制裁へ手続き開始 英仏独、核合意維持へ圧力

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
イラン国旗=ゲッティ
イラン国旗=ゲッティ

 崩壊寸前のイラン核合意を巡り、英仏独の3カ国は14日、イランへの制裁再開に向け核合意当事国(英仏独中露)で議論する「紛争解決メカニズム」を発動したと発表した。米国による経済制裁に対抗し、核合意からの段階的な逸脱を進めるイランは今月5日、第5弾として核合意の「いかなる制限も順守しない」と宣言した。核合意の維持を狙う英仏独は、経済制裁の手続きを開始することでイランに重圧をかけ、合意履行を強く求める考えだ。

 英仏独は14日に発表した声明で、これまでイランに対し経済支援の枠組みを作るなど、核合意に戻るようにあらゆる手を尽くしてきたと強調。だがイランは逆に逸脱を進めているため、制裁再開の手続きを開始するしか「残された道はなかった」と主張した。

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文633文字)

あわせて読みたい

注目の特集