メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

40年愛された弘前公園の「シラトリレイコ」 最後のコブハクチョウ死ぬ

弘前公園のお堀を泳ぐコブハクチョウ=青森県弘前市公園緑地課提供

[PR]

 青森県弘前市の弘前公園のお堀を優雅に泳ぐ姿が市民や観光客に親しまれてきたコブハクチョウが5日、死んでいるのが確認された。公園にすみついていた最後のハクチョウ(推定年齢40歳)で、訪れた市民からは死を惜しむ声が聞かれた。

 市公園緑地課の担当者によると、公園のコブハクチョウは1972年ごろにニッカウヰスキー仙台工場が弘前市につがいを贈り、79年には15羽まで殖えたという。死んだのは、この頃に生まれたコブハクチョウと見られ、約30年前から1羽だけとなっていた。

最後のコブハクチョウの死を知らせる看板=青森県弘前市の弘前公園で2020年1月10日、藤田晴雄撮影

 性別は不明で正式な名前はなく、市民や観光客らが「ココ」や「シラトリレイコ」「サクラコ」など好きな名前をつけては、公園の中堀をすみかにする最後のコブハクチョウを可愛がっていた。同課は、死んだことを知らせる看板を中堀の石橋に設置。訪れた市民が花を手向けたり、手を合わせたりしていた。

 同市の土岐良夫さん(68)は「公園を散歩するときには、いつも探しては見ていた。いなくなって悲しい」。同課の担当者は「長い間、市民や観光客を癒やしてくれた。お疲れ様と言いたい」と話していた。【藤田晴雄】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  2. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  3. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 女子高生死亡事故で男性に無罪 自転車「予見」に疑い 徳島地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです