メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

移住の夢と現実、住んで実感 愛媛県内各地に「お試し住宅」

愛媛県内子町石畳の移住お試し住宅=同町提供

 愛媛県内への移住を検討する人が、一定期間その土地に住んで暮らしを体験できる「お試し住宅」の取り組みが広がっている。県によると、2019年10月までに14市町で開設され、毎日新聞の調べでは同12月に新たに西条市が運用を始めた。移住希望者の不安を解消して定住につなげる狙いで、利用者の評価も上々だ。

 内子町役場から車で約30分の山間部にある、人口約300人の同町石畳地区。住民が町に寄付した木造平屋建て住宅を「移住体験用」に改修し、18年度に開設した。利用対象者は町に定住を希望し、集落の自治会活動に参加できる人。家賃は月1万円(敷金は家賃3カ月分)で、最長1年間住める。

 19年2月からこの住宅を利用する山田浩徳さん(36)と妻由季さん(38)は、長男歩太(あゆた)ちゃん(3)、次男遥太(はるた)ちゃん(2)を連れて東京都内から引っ越してきた。出産を機に、子どもと過ごす時間を増やし、自然の中で子育てをしたいと移住を希望した。浩徳さんは勤めていたイベント映像会社を辞め、炭焼き職人を目指して地区の職人の下で研修しており、由季さんは在宅で翻訳の仕事を続ける。

この記事は有料記事です。

残り611文字(全文1090文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  3. 大規模イベント開催は「主催者の判断」 菅官房長官会見詳報

  4. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  5. 「みんなしゃべれます」泣き叫ぶ職員 やまゆり園での犯行詳細が明らかに 相模原殺傷

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです