メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SLやまぐち号 今年の運行はすべてC57「貴婦人」

力強く煙を吐きながら山口線を走るC57形蒸気機関車=祝部幹雄撮影

[PR]

 JR西日本は、山口線の新山口―津和野間を結ぶ観光列車「SLやまぐち号」について今年はすべてC57形蒸気機関車で運転すると発表した。

 JR西日本が発表した今年の運行計画によると、「やまぐち号」は3月20日~11月22日の土、日曜日と祝日を中心に76日間運転する予定。同社は現在、列車運転に使えるSLを2両保有しているが、もう1両のD51形蒸気機関車は、滋賀県内の北陸線で運転される北びわこ号に使用されるという。

 C57は「貴婦人」の愛称を持つ優美な姿で知られ、1979年に山口線でSLの運転が再開された時から主力機関車として活躍してきた。その後、山口線では2017年11月から大規模改修を受けたD51による運行も始まった。

 一方C57は、車軸の不具合などのため2017年12月の運転の後、長い時間をかけて修理、検査を続け、昨年10月、約1年10カ月ぶりに運転を再開していた。【祝部幹雄】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  3. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

  4. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

  5. 怒る国民、焦る習主席 力任せの「武漢封鎖」に国内で摩擦も 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです